想い込めて贈るカタログギフト

「カタログギフト」は今や珍しい形の贈り物でなくなり、結婚式の引き出物はもちろん、お中元・お歳暮、香典返しにまで幅広く利用されています。
引き出物で言えば「重くて大きいもの」が美徳であり常識とされてきた地域もあり、長い間通例となっていましたが、この考えは、ギフトを贈る側のエゴのように思えます。
例えそれが相手の状況を加味されていても、もらう側にとって、本当に必要なもの、もらって嬉しい喜ばれるものかどうかは、なかなか一致することが少ないのが現状ではないでしょうか。
「であれば、相手が本当にほしいものや好きなものを選んでいただきたい・・・」という贈り手の思いと、荷物を抱えて帰る煩わしさも大変さもない「カタログギフト」は、利にかなった形のように思います。
今までこのカタログギフトを頂く機会が幾度かありましたが、いつも通販カタログを見るかのように、ワクワクしながら商品選びをしています。
ひとつのカタログに食器や調理用具などの日用品から、インテリア雑貨、バッグ・アクセサリーなどのファッション関連商品まで、どれにしようか迷ってしまいます。
「せっかく頂いても欲しいものがない」とか「商品が多すぎて決めれない」「期限があって忘れてしまう」という声も聞きますが、これに関しては贈り手の方の「カタログ選び」やシステムに少し配慮があるとよいかもしれません。
今まで全く同じカタログを頂いたことはないのですが、一度だけ「お取り寄せ」の食品に特化したカタログを頂いたことがあります。
全国で厳選された食材やスイーツなどの「食べ物だけ」を扱ったカタログでした。
日用品に関しては新たに欲しいものがないという方でも、食べ物なら「自分ではなかなか買えない(買わない)けれど、食べてみたい!」ものはけっこうあるように思うのです。
わざわざ自分でお金を出してまではちょっと・・・と思うものでも、メディアで紹介されたことのあるものなら、話のネタに試しに食べてみたいと思うので、食材なら「これなら食べてみたい」というものなら誰でもありそうです。
ただ贈り手としては、食品は「消耗品」になるので、形に残らない・・・というところをちょっと気にする方もいらっしゃるかと思いますが、カタログギフトのおかげで、今まで食べる機会がなかったものを頂けて、きっとお腹と気持ちは(満足)でき、「心に残る」と思うのです。
大切なのは、形に残る、残らないに関わらず、「相手に喜んでいただける」という部分が大事なのだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*